馬場メッセージ~ 身体感覚意識を伝える

身体感覚意識とは何か?

私は長年スキーをやってきました。50年ほどです。
選手活動、プロ活動、コーチ業を通して、自然と身体のことに関心を持つようになりました。
またそれは上達のためにも、長く活動するためにも必要なことでもありました。

そして、研究を進めるにつれ、身体のことやメンタル面について深く学んでみたくなりました。
中でも「足」の大切さに気が付きました。
足は身体の土台ですからね。
自身の研究では事足らず、足の本場であるドイツ人講師の元で学びを深めました。
ドイツでは、健康靴は保険がきく場合もあるそうです。また、歯科治療の際にまずは足元を整えると
いうことも耳にしました。

足のこと、フットケア、リフレクソロジー、健康靴(コンフォートシューズ)、インソール、身体について
と学び、さらには個人サロン事業を営みました。

足や手の反射区を知り、多くの方の足を触り、身体の不調との関連性や、スポーツ上達、美容・ダイエットとの関連を私なりに研究を進めました。

その中で気が付いたことが「重力と人間との関連」です。
また「身体と足のゆがみ」、「神経という配線とパフォーマンスとの関連」ということも
ずいぶん見えてきました。
これが健康をはじめ、様々なことに影響を及ぼしています

「足」、「身体」、「ゆがみ」「重力」、「神経」、「メンタル」、「イメージ」、
これらを複合的に分析し、その人に合った方法で取り入れていくことで、
健康はもとより、スポーツ全般のレベルアップ、けがの予防に役立つことを皆様にご提案しています。

身体感覚意識という言葉でお伝えしています。

 


 

身体感覚意識・運動分析の例

 

1、アルペンスキー 

夏場東京で話を聞いて予備練習しないと、ゲレンデではマスター出来ない。これが私の理論です。
近頃はスキーブーツの構造そのものが、アジア人にはハンデになっていることも気が付けてきました。
その理由・滑り方の物理原理。これを聞けば世界もそう遠くはない。まずは社会人のレベルを上げることです。大人ができることしか、子供はできないのです。


2、ゴルフ立ち方 

部屋で立ち方が上手に出来ない限り慢性的な癖は解消されない。
打ち方では無く、立ち方の真髄を学べば上達は保証します。ゴルフクラブは要りません。いかにあなたがゆがんで立っていたかに気が付くでしょう。そしてそこで以前のミスは・・・これだったか! でどういった立ち方をマスターすることが必要かを教えます。


3、野球の打ち方 

部屋で足裏の感覚が増さないとバットという重さで軸がずれてしまう。
子供の場合、実はどんなコーチより、「親の一言です。」スキーも野球も親に教えたほうが上達出来ることを知っていますか?ここでは「親であるあなたが子供に教える」教え方を、教えます。
お教えする場合は、社会人・親または子供同伴で。お子さんのみの参加は不可です。


4、テニス・卓球の苦手の打ち方克服 

左右の股関節の滑らかな重心移動を見つめなおさないといつまでたっても上手く打てない。
これもお教えする場合は、社会人または親。子供同伴可能、子供のみお断り。


5、ランニング 

滑らかな重心移動を意識しない限りフォームの改善や、記録更新という自己ベストを刻むのは厳しい。
ゆがみを無視して走り続けると故障というゴールに突然落とされる。
いま痛みのどん底の人・記録更新に悩んでいる人対象にお教えしています。特に走りません。スーツで大丈夫です。


6、ダイエット 

ランニングなどのハードなことをしてももはや痩せはしない。
マインドがへし折られるだけの挫折が待っている。
簡単で・短時間で・気持ちいいのでないと続かない。それを学べると、燃えやすい体質改善こそ引き締め効果につながります。
ダイエットとグルメの間のキーワードは、「燃えやすい体質改善に最適な、インナーリリースロールを使った簡単ポージング」です。
学びの流れは、足首・骨盤・背中のゆがみ改善で流れをよくする。インナーリリースロール・ポージングで短時間で燃える理由を知れば知るほど・・・痩せるというセルフトークが効き目を何倍にも変えます。もう挫折するのをやめませんか?

 


セミナー等を開催しています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。